"

同社は2014年9月3日、看板商品のドライケーキ「ヴィクトリア」と生ケーキ用バタークリームに使用する無塩バターの約27%について、9月1日以降の仕入れ分から福島産原乳を使用したものに変更するとツイッター上で告知した。

福島県内の各乳業施設は毎週1回、放射性物質調査を実施している。牛乳のセシウム(134、137)基準値は50Bq/kg。検出下限値は測定条件や測定試料によって毎回異なるが、ここ1年の値を平均すると2~4Bq/kg程度だ。調査結果をみると、飯館村の乳業施設で5Bqのセシウム137を検出した2011年5月以降は検出下限値を下回っている。

銀座ウエストはこの調査結果に触れた上で、

「科学的根拠に基づき、安全が確認されている以上、いたずらに福島産食品を敬遠する事は風評被害を拡大することにほかなりません。ウエストでは安全が確認された福島産食品を今後継続使用していくことを考えております」

と表明した。

ツイートはすぐに反響を呼び、「断乎支持します。優れた材料を自ら評価して使うのは、立派な見識」「こういう形で復興支援になるのであれば、喜んで力になりたいと思います」といった支持の声が数多くあがった。

しかし一方で一部から疑問や非難の声も寄せられた。送り主はおもにプロフィール欄に「脱原発」「反放射能」などと書かれた人たちで、

「うわぁ。。もうWESTのお菓子は買えない…」「放射能汚染の酷い銀座だけに、脳被曝してるのかしら?」「銀座ウエストが福島産食品使用を宣言とは!また人生の楽しみがひとつ減った。さらばリーフパイ。さらばウエスト」

などと今回の決断を問題視した。

銀座ウエストもこうした反応があるのは覚悟していたようで、4日には「多くのご批判を覚悟の上でのツィート(原文ママ)でしたが、思った以上のご賛同を頂き、驚くと同時に勇気も頂き、本当にありがとうございました」とツイート。その上で、自社だけでなくすべての食品会社が安全と判断した福島産食品を臆さず使用していくことが早期復興につながるとの思いを綴った。

"

福島産バターの使用決めた「銀座ウエスト」 脱原発派の批判にも「513年間食べなきゃ基準値に達しない」:J-CASTニュース (via m-akasya)

(plasticdreamsから)

"

 東北電力が再生可能エネルギーの電力を買い取る契約の受け付けを、十月一日から管内全域で中断することが二十九日、分かった。再生エネを優遇する「固定価格買い取り制度」で太陽光を中心に導入計画が急増し、天候による出力変動に対応しきれなくなると判断した。三十日に発表する。

 全社的な契約受け付けの中断は、二十五日から実施した九州電力に続く。東北では東日本大震災の復興事業の一環で太陽光や風力などに取り組む動きが広がっており、冷や水となる恐れがある。

 対象は発電事業者からの新規契約の申し込みと、申請済みで契約に至っていない分。東北電の送電網へ接続する手続きを当面見合わせ、受け入れ容量を引き上げる対策を検討する。家庭で使う小口の太陽光は停止せず、受け付けを続ける。

 二〇一二年の買い取り制度導入後、国が新たに認定した再生エネの発電設備は、東北電管内の東北六県と新潟県で計約千百七十二万キロワット(今年六月末時点)。全て契約して送電網につなぐと今夏の最大電力需要の八割を超え、例年の春や秋のピークを上回る。

"

東京新聞:再生エネ買い取り 東北電も中断:経済(TOKYO Web)

"

東北電、再生エネ買い取り制度あすから契約中断

 東北電力は、10月1日から再生可能エネルギーの買い取り制度に基づく同社送電網への接続契約の手続きを中断する。発電事業者からの新規申し込み分と申請済みで契約に至っていない分に対しての回答を保留する。家庭用の太陽光については回答保留の対象外とする。
 東北電力管内では、国が買い取り制度の対象として認定した太陽光や風力などの発電設備の容量は5月時点で約1149万キロワットとなっている。全て契約して送電網に接続すると、需要が低い5月ごろの最大電力800万~900万キロワットを上回り、出力の変化が激しい場合には需給を調整しきれず停電につながる可能性がある。
 海輪誠社長は25日の記者会見で、認定を受けた太陽光発電などの事業が次々と具現化し、接続申し込みは毎月20万~30万キロワットの間で急増している現状を説明し、「かなり厳しい状況だ。対応策の検討を急ぎたい」と契約手続きの中断を含めて対応する考えを示していた。
 県内の5月時点の設備認定量は439万3339キロワットで、8月末時点の太陽光発電の導入実績は31万7725キロワットとなっている。

カテゴリー:主要

"

東北電、再生エネ買い取り制度あすから契約中断 | 県内ニュース | 福島民報

"安いユニクロじゃなくて、高価なのが一目瞭然な有名ブランドじゃなくて、どこの何だかわかんないけど面白いものに高いお金払えるようになるのが景気が良いって事だと思う。"

Twitter / 16331633 (via shinoddddd)

(kurizから)

"

 東京なら、「考え方を変える」ことで結婚に至る人は、まだまだいる。しかし地方に行くと、ひとつの県では限界が見える。長崎県では、県の婚活イベントを委託されているNPOからこんな嘆きを聞いた。

 「長崎県では、未婚女性の数のほうが1万人多いんです。仕事がないので男性は県外に出てしまう。男性の求人ページが2~3ページしかない現状です」

 女性が、親にパラサイトしながら非正規雇用などで暮せる分、長崎はまだ豊かなのだ。これが東北地方に行くと女性も仕事がないので、県外に出てしまい、居残った長男の未婚人口が多いという結果になる。

 地方の結婚難は「嫁不足」だけではないわけだ。かといって、長崎の女性が東北地方に移住すれば結婚するという単純な問題ではないのだが、ひとつの県の中で解決できないことは確かである。

"

婚活の限界――白河桃子の「誤解された婚活」・婚活ブームを検証する 第2回(全4回)(2) | 生活 | 投資・経済・ビジネスの東洋経済オンライン (via kanose) (via yuco) (via flyingtadpole) (via rosarosa-over100notes) (via gkojax)

crossbreed:

” 震災後1年間、ヤマト運輸が行っていた「宅急便1個につき10円を被災地に寄付」による総額は、純利益の4割にあたる約142億円にも達した。それだけでも素晴らしいが、またその使途の厳密さはどうだ→ http://bit.ly/VkGji5  国の復興予算使途のデタラメさと雲泥の差。 ”  引用元 : http://ift.tt/Zv7wXQ

futureisfailed:

1411285718573.jpg
"水力発電は水力という再生可能エネルギーを使った発電方法というだけで、自然に優しいとか、そういう要素は一切ありませんよ。あれって河川一本の生態系を丸々変えるような環境破壊が起きるので。"

Twitter / heeraroroo (via netinago99)

(netinago99から)

twinleaves:

The Cretto di Burri | For 91 Days in Palermo – Travel Blog

清太郎/seitaro on Twitter: “五十嵐太郎『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房)読んで初めて知った、イタリアのCrettoというアートワーク。地震で壊滅した町をまるごと、Burriという彫刻家が、道路だけ残してセメントで覆っちゃった。記憶を保存する試み。 http://t.co/wvfgkjSw
https://twitter.com/seitr/status/168490435952648194

(otsuneから)

"数年前に学生を行事として山村(山形は基本山村が多いが)に連れて行ったことがあった。当時、うちの職場は、地方短大にお決まりの「地域との連携」をお題目にして、やり方はよく分からないけれど地域と連携ってこういう感じ?と模索しつつ、なんとなく「地域おこしに付き合うこと?」みたいな空気に押されていた。フィールドワークごっこをやりながら、形だけでも地域に提言することを試みた。ある教員が指導したグループが、地域の人達の前で「この村に足りないのはコンビニやデパートだと思う」と結論づけた発表をした。その山村は自然を生かしたいろいろな地域おこしに「先駆的に」取り組んでいる場所だったので、それを全く理解しない学生の発言に地域の人達はほとんど呆れ、途中で席をたった人もいた。あきらかに指導不足という感じに、その時は読み取れた。その村は、離れた市街部にあるコンビニやデパートに若者を持っていかれてほとんど限界集落の体裁をなしており、しかしそうした市街部の持つ価値を逆転するような形で地域おこしを行っているのだった。村の人達が怒るのは無理はないだろうと思ったし、その指導に疑問を持ったりもした。

もしこれが、地域の四年制大学の、よくできた学生だったらどうしたろうかと思うに、きちんと空気を読んで、自然を生かした企画をたててみせたろうにちがいない。僕らもそういう指導が学生に行われるだろうと思っていたし。そうすれば村の人達にはきちんと認めてもらえて、ある種のラポール構築が滞りなく行われ、それからの付き合いに役立っただろう。僕らの職場はその最初に小さくつまづいてしまった(その後、色々ありながらきちんと関係はつづいているが)。

しかし一方でずっと引っかかっていたものもある。それは、でもやっぱりコンビニやデパートがないから若い人はいなくなっちゃったんじゃん、という現実だ。短大生の声はその現実をするどく、というかバカ正直に突いていた。そのことの重みはあるだろう。ラポール構築のために、友好的な関係づくりのために提言はできなかったけれど、それを仮に「教育の行き届いていない声」「礼儀ができていない声」と切り捨ててしまうと、もしかしたらその場はずれな提言を契機としたコミュニケーションが消されてしまったのかもしれない。もちろん、そのバカ正直な提言をもっと巧妙に、人の心をつかむ企画レベルに練り上げさせるのが教員の仕事だった。きちんとコミュニケーションの現場を用意できなかった教員の責任もあるだろう。が、そういう責任論ではなく、また分かりやすい地域おこしとの連携でもなく、教育の現場と地域が連携できるとしたら?少なくともバカ正直な声を、すくいあげることは、相互に意味があるのかもしれない。

暴論かもしれないが、地域と教育の連携とは、連携ごっこのためのラポール構築や、あるいは教員の業績稼ぎなどか背後にある、何かやったような気になれるもののほかに、相互行為の〈いま―ここ〉性を重視した語りの場を、きちんと見据える必要性があるように思う。それをやらないうちは、結局、地域と教育が共犯関係になって、既存の制度・やり方を強化して行くことにもつながってしまう。そんなのは主体性がないまま文科省の言うなりになる、「官蓄」とおんなしだ。そうでないためには、地域も教育も、どちらも相互行為の意外性や多様性のなかで変容しうるものなのだという認識を出発点とした取り組みが必要なのかもしれない。"

niji wo mita: 相互行為のイマココ性とかなんとか (via nakano) (via kml) (via lovecake) (via gkojay) (via kita-kite)