"
http://www.asahi.com/articles/ASG7R471RG7RULFA00Z.html

◇参考 最低賃金が700円未満の県
664円: 鳥取、島根、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、沖縄
665円: 青森、岩手、秋田、山形、鹿児島
666円: 徳島、愛媛
675円: 福島
686円: 香川
696円: 宮城
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/
"

【(´・ω・`)】時給664円…「夢も希望もない」 最低賃金全国最低の9県 : ジャックログ  2chJacklog (via edieelee)

(edieeleeから)

"

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国慶尚北道の地方政府は24日、義城郡の養豚場で口蹄疫が発生したことが検査により判明したとの声明を発表した。口蹄疫の発生は約3年ぶりとなる。義城郡はソウルの南東250キロに位置する。

この後、国家当局が詳しい調査結果を発表する見通し。農林畜産食品省は23日夜、感染が確認された場合は、当該養豚場の豚を殺処分にするとの方針を示していた。

韓国では2010―11年に過去最悪の口蹄疫が発生。飼育されている豚の3分の1が処分され、感染拡大を阻止するため数十億ドルの費用がかかった。

豚肉価格は鳥インフルエンザの発生による代替需要を背景に上昇し、現在3年ぶりの高水準にある。

"

韓国で3年ぶりに口蹄疫発生、ソウルの南東250キロ | ワールド | 韓国 | Reuters

"

「団塊ジュニア世代」と呼ばれる現代の35歳。10年前ならば、35歳といえば家庭を持ち、会社で責任あるポストを任され、社会を担っていくはずの存在でした。それが現在では低所得化、未婚化、雇用の非正規化など、不景気のあおりを正面から受けています。本書はNHK「あすの日本」プロジェクトとして放映された内容を再構築したもの。1万人の35歳のアンケートデータから浮き彫りになる、35歳の「現在」をリアルに伝えています。

 たとえば、年収。1997年には平均年収が500万~600万円だったのが、現在は300万円台。10年前よりも200万円は安くなっているのがわかります。35歳時点での出生率は0.86、また正社員の69%の人が、会社に対して不安に思うことについて「収入が増えないのではないか」と回答しています。

 今のままでも十分目を背けたくなりますが、この先20年後の日本は「ゼロ成長」「消費税18%」「医療費の自己負担額は現在の2倍」「失業率10%超」「年金30%カット」など、想像したくもない社会になってしまう可能性があるのだそうです。現在、日本の失業率は5.1%。15~24歳の若者に至っては失業率9.9%と、すでにその予兆は始まっています。

"

“35歳”を救え - WEB本の通信社|WEB本の雑誌 (via yuco) (via plasticdreams) (via studiomu) (via tnk16) (via ninamo44) (via gkojay)

"

 通常、デザイナーになるためにはファッション専門学校でデザインの勉強をしなくてはならない。我流でもデザインはできるが、アパレル企業がデザイナー職を雇用する場合、ズブの素人を採用することはほとんどなく、ファッション専門学校のデザイン科を卒業した人を好む傾向が強い。

 しかし、タレントや著名人は一部を除いて専門学校のデザイン科に通っていたという人はほとんどいない。ならどうしてファッションブランドを簡単に起こせるのだろうか?

 それは、繊維業界全体に製品製造のインフラが細やかに整備されているからである。極言すれば、筆者も含めたズブの素人でも資金さえ用意するならいくらでもファッションブランドを始めることができる。

 ブランド製品の製造を請け負うOEM(Original Equipment Manufacturing)企業や、相手方のブランドのデザイン作成から製造までを請け負うODM(Original Design Manufacturing)企業が大小・零細を合わせて繊維・アパレル業界にはそれこそ無数にある。デザインができる方ならOEMメーカーに、デザインができない方でもODMメーカーに依頼すれば簡単にオリジナル製品が作れる。

 筆者の馴染み深いジーンズというアイテムで考えると、筆者にはジーンズのOEM事務所を経営する友人がいるが、彼に依頼すれば約30万円を支払えば100本のジーンズを製造してもらえる。これは1メートル700円の国産デニム生地を使い、彼と提携している国内縫製工場を使ってワンウォッシュで仕上げた場合だ。激しいウォッシュ加工を施せばもう少し高くなるし、サンプル縫製代や修正代も必要になるから実際にはもう少し費用は上乗せされるが、それでも50万円を上回ることはほとんどないだろう。

 ちなみに、各アイテムで製造のミニマムロットは異なるが、大まかに1型あたり100枚を目安に考えるとわかりやすい。

 現在の繊維業界の製品製造体制を大雑把に見ると、(1)OEM/ODMの専門企業、(2)商社の製品製造請負部門、(3)自社ブランドを抱えるアパレルが事業成長のためにOEM/ODMを請け負う、という3つの受け入れ窓口がある。

 筆者の友人が経営するのは(1)である。(2)にはいわゆる大手総合商社や繊維専門商社のほか、瀧定大阪や瀧定名古屋、サンウェルというような大手生地問屋の製品製造部門も加えている。(3)は名前を挙げることははばかられるが、本業の自社ブランドが不振・伸び悩みのために、新たな収益源としてOEM/ODMを開始するというアパレルは数多くある。また、(3)の変型版として、主力はOEM/ODMだが、相手先へのプレゼン用に自社オリジナルブランドも展開するという企業もある。

 この3つのルートを使えば、デザインを学んだことのない人でも資金さえ用意すればオリジナルブランドを立ち上げることはできる。現に先ほど挙げた筆者の友人は、かつてウィゴー経由で若槻さん時代の「WC」のデニム製品の一部の製造を請け負ったことがある。そのため、タレントブランドの多くもこの3つの窓口のうちのどれか1つ、またはこれら3つを状況に応じて使い分けていると考えられる。

 筆者が1年間だけ勤務したことがある小規模Tシャツメーカーの社長は「アパレル業界ほど参入障壁の低い業界はない。製造に関するインフラがこれほど整っている業界はないだろう」と語られたことがあるが、まさにその通りである。

 毎年続々とタレントブランド、著名人ブランド、読者モデルブランドがデビューできるのは、こういう製造インフラの賜物である。しかし、ブランドを立ち上げるのと継続するのとは別物である。OEM/ODM企業に製品製造は丸投げできても、ブランドの運営までを丸投げすることはできない。

 ブランドビジネスは主宰者ないし主宰者を含むチーム・経営陣が舵取りをしなくてはならないので、結局は主宰者を含むチーム・経営陣がしっかりしないとブランドビジネスを継続することは不可能である。多くのタレントブランドが長続きしないのは、その部分に問題があるからというのが筆者なりの結論である。

"

タレントブランドが次々と失敗するワケ:日経ビジネスオンライン

"

 麻生太郎副総理兼財務相は22日、来年10月に予定されている消費税率10%への再増税については予定通り実施すべきだとの認識を示した。横浜市内で開かれた麻生派研修会で「財政再建のため、あと2%増税しなければならない。今は苦い薬でも、将来は良くなるという確信の下で約束したことを実行し、国民の信頼を得てきている」と述べた。

 自民党の高市早苗政調会長は22日の政調全体会議で、再増税の是非をめぐる判断時期に関し「今年11月下旬にはだいたい見通しが立つ」との認識を示した。理由について、7~9月期の国内総生産(GDP)速報値が11月17日に発表されるためとした。

"

消費税10%、予定通りに 麻生氏「約束実行を」 - 47NEWS(よんななニュース)

想定1.7倍の豪雪で座屈、体育館屋根崩落の全貌|日経BP社 ケンプラッツ
"

安倍晋三首相夫人の昭恵さんが4日午前、自民党本部で開かれた同党環境部会の会合に出席し、東日本大震災の被災地に計画されている防潮堤建設の再考を訴えた。現職首相の夫人が党部会に出席するのは異例。同党議員らを前に「防潮堤で覆われた海が見えない復興でいいんだろうか」と問題提起した。

 昭恵さんは会合で「防潮堤反対運動をするつもりはない。必要なところはきちんと造ればいい」とする一方、「必要ないところはやめればいい。景観が崩れ、海の生態系が変わって環境も破壊され、漁業にも影響するかもしれない」と指摘した。昭恵さんは被災地に足を運び、防潮堤建設を考え直す運動に関わっている。この日の会合は、昭恵さんの活動を知った部会長の片山さつき参院議員の呼びかけで実現した。

 会合では復興庁の小泉進次郎政務官も発言。「何が何でも高いものを造るというわけではない。住民の様々な思いがあるところは柔軟に意見交換を重ねる」と述べた。出席した財務省などの担当者は、計画が決まっている地域でも見直しが可能だとの考えを示した。

"

安倍昭恵さん、防潮堤計画の再考訴える 自民会合に出席:朝日新聞デジタル

"

 この夏、岩手県大槌町の東谷藤右エ門(あずまやとうえもん)さん(80)が理事長を務める吉里吉里(きりきり)保育園の新しい園舎が、ようやく完成する。

 海沿いにあった保育園は津波で骨組みを残して流された。東谷さんで4代目、半世紀以上続いた保育園を守ろうと、震災5カ月後、1キロほど内陸にプレハブの仮設の園舎を建てた。

 近くの高台に再建のための土地を見つけ、借り入れや補助金で資金を確保し、今年1月、着工にこぎ着けた。「5年はかかると思っていた。支援してくれた方々に感謝するしかない」

"

(いま伝えたい)悔いはある けど、ふさぎ込む暇はなかった:朝日新聞デジタル

"

「非常識発言」いまだ放置、太陽光発電のやさしくない現実

産経新聞 7月11日(金)10時0分配信

 ■発電量わずか、代替ほぼ無理

 東京電力福島第1原発事故以降、太陽光や風力などの自然エネルギー(再生可能エネルギー)への期待が高まり、太陽光パネル設置を後押しする政治家の発言も相次いだ。太陽光パネルはどれぐらい普及したのか、自然エネルギーで日本のエネルギーは賄えるのだろうか-。(平沢裕子)

 ◆菅元首相力説「1千万戸」でも総発電量の4%

 「家屋への太陽光パネル1千万戸設置」-。平成23年5月、菅直人元首相は経済協力開発機構(OECD)の演説でこう宣言、さらに「自然エネルギーの発電割合を2020年代までに現在の9%から20%にする」と表明した。

 1千万戸に太陽光パネルを設置する場合、1戸につき200万円としても20兆円かかる。東日本大震災における建築物や農水産物などの被害額は16兆9千億円と推計され、設置にはそれを超す金額が必要となる。

 発電量はどれぐらいだろうか。平均的な1戸当たり発電量は年間約4千キロワット時で、1千万戸の発電総量は年間400億キロワット時。25年度の日本の総発電量は9400億キロワット時で、1千万戸に太陽光パネルを設置しても総発電量の4%にすぎない。

 一方、23年4月、神奈川県の黒岩祐治知事は「4年間で太陽光パネル200万戸設置」を公約に当選。200万戸設置にかかる費用は約4兆円。4年で実現するために年1兆円必要だが、同県の一般会計予算は26年度で1兆8650億円と予算の半分以上を使わなければならない。筑波大学システム情報系の掛谷英紀准教授は「どちらも計算すれば非常識な数字と分かるが、当時、大きく問題にされることはなかった。自然エネルギーに関しては今も同様の非科学的な発言をする人がおり、そうした発言が放置されているのが現状だ」と指摘する。

 同県が23年9月にまとめた「かながわスマートエネルギー構想」では「2020年度までに県内消費電力の20%以上を自然エネルギーにする」とし、「4年で55万戸」の目標を掲げた。55万戸設置の発電量は22億キロワット時で、24年度の同県の消費電力量485億キロワット時の4・5%。ただ、目標の非現実性に気づいたのか、今年4月の「かながわスマートエネルギー計画」では11%にトーンダウンした。

 ◆広大な開発必要

 太陽光発電協会(東京都港区)によると、23~25年度の太陽光パネル設置の補助金申請は全国で約80万件。菅元首相が目標に掲げた1千万戸は遠い。

 太陽光だけではない。政府は6月、新成長戦略で風力発電の導入加速をうたっている。現在、日本で一番使われている自然エネルギーは水力。「ダムが環境を破壊する」として水力は人気がないが、「風力で水力と同規模の発電量を確保するには水力の5倍の施設面積が必要」(掛谷准教授)。風力発電の施設設置も自然を壊さないとできず、環境破壊の度合いはダムの比ではない。

 掛谷准教授は「自然エネルギーは単位面積・体積当たりのエネルギーが非常に小さい。広大な開発行為なくして自然エネルギーによる火力や原子力の代替は不可能。しかし、物理法則上、不可能なことが可能であるかのように主張する人たちがいる。これにだまされないためにも、科学的に物を考える習慣を身に付けてほしい」と話している。

"

「非常識発言」いまだ放置、太陽光発電のやさしくない現実 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

chptr22:

Twitter / segawashin: 今回の台風の写真は1つもない。左下は豪雪、右上は手抜き工事。 …