"

 丸紅は4月10日、宮城県岩沼市で運営するメガソーラーの建設工事に着手すると発表した。発電出力は28.3MW、年間予想発電量は2900万kWhで、東北地方では最大級の太陽光発電施設になるとしている。2015年4月に商業運転を開始する予定だ。敷地は約43.6haで、東日本大震災の津波で被災した旧農地を転用した。総事業費は約70億円。

 丸紅100%出資の子会社のいわぬま臨空メガソーラー(東京都千代田区)が運営会社となり、施設の設計と施工は日立製作所が担当する。99cm×165cmの大きさの太陽光発電パネルを約11万3000枚並べた施設とする。

 敷地は海岸線と仙台空港からそれぞれ約1kmの距離に位置し、震災後は塩害と地盤沈下で農地としての再利用が困難になっていた。丸紅は岩沼市がこの地を対象として2012年に実施したメガソーラー事業プロポーザルに応募して、事業者に選ばれた。

いわぬま臨空メガソーラーの完成予想図(資料:丸紅)
"

丸紅が津波被災地にメガソーラー、東北最大級に|日経BP社 ケンプラッツ

asagaonosakukisetu:

日本経済新聞 印刷画面

enochliew:

Pocket Printer by Zuta Labs

Not only a portable design, but able to print on any size page.

(出典: Engadget)

"ある避難所では、次々と訪れる「心のケア」チームに辟易して、「心のケアお断り」を宣告。ここを訪れたボランティアに対しても「心のケアを名乗らないでほしい」と告げた。
実際に筆者も、この頃に訪れた被災地各地で、「いろいろなNPOがやって来るけど、どいつもこいつも心のケア、心のケアってうるせえよ!! 心のケアって聞いただけでこっちは鬱になる」という言葉を何度か聞いた。東松島から釜石にかけて、さまざまな地域で支援ニーズをヒアリングしたが、心のケアに対するニーズは聞いたことがない。
もちろん、本当に心のケアを必要としている人もいるだろうが、大多数の人は当時もいまも、復興に向けて頑張ろうとしているわけで、そのような人たちに必要なものは心のケアではない。もっと具体的な復興支援のプランであり、気持ちを前向きにする具体策である。"

「心のケア」の押し売りに、被災者はうんざり。 本当に必要な支援とは、マインドセットを変える具体策|『社会貢献』を買う人たち|ダイヤモンド・オンライン (via wideangle)

(otsuneから)

"石田:しかもそのキャバクラの名前が「復興キャバクラ 夕顔」とかいうらしいんです(笑)。日本中から集められたガタイのいい兄ちゃんたちが昼間はガンガン重機を運転して復興させて、仕事が終わったらちょっとスロットル弾いたあとキャバクラで女の子とお酒を飲んで昼間の疲れを癒す。いい話じゃないですか(笑)。報道は「命が大事」とか絆とかばかりやってますから、小説はそこを書かないとつまんないなあと思っています。"

石田衣良 日本人は東京電力と社員を憎むのを止めた方がいい | ニコニコニュース (via mitaimon)

(gkojaxから)

"震災や復興で感じることは、日本人は現実をおさえることが苦手。なぜ死者がこれだけ多いかを事実に即して考えることなく、ただ「かわういそう」。復興も事実を踏まえることなく、「計画的に漁業の復活」とか「地域の活性化」と言う。この地域がはるか前から、過疎が進んでいたことすら理解していない。"

Twitter / @吉田典史 (via igi)

(gkojayから)

"<6次の下請けも>
 作業員集めは既にかなり困難になっている。最大のネックが、厚生労働省が定める作業員の被ばく限度だ。
 1年で最大50ミリシーベルト、5年で計100ミリシーベルトが上限と決められている。5年間継続して働くとすれば、年平均20ミリシーベルト以下に抑えなければならない。
 下請けの男性は「今までの付き合いで仕事を受けているが、給料が低く継続雇用の保証もない。(被ばくによる)健康不安もある。そんな職場で普通、働きたいとは思わない」と語る。
 複数の作業員によると、福島第1原発の日当は6000円~1万5000円程度らしい。2次、3次と下請けが重なるにつれて中抜きされる額が増え、大きな差につながっている。
 福島第1原発の現場では、3次どころか6次下請けもざらだという。
 さらに福島第1原発で働けば、累積の線量が1年もたたず限度に近づく可能性がある。「そうなると他の原発でも働けなくなって、収入は伸びない。熟練作業員ほど福島を避ける」と現場監督の経験者が打ち明ける。

<日当の逆転現象>
 原発構内の事故処理より、被ばく量が少ない周辺市町村での放射性物質除去の方が日当が高いという「逆転現象」も起きている。作業経験のある男性(東京都)は、除染に仕事を変えたら日当が1万1000円から1万5700円に増えた。
 作業員の数を確保しようとするあまり、質の低下もささやかれている。「ナットの締め方すら分からなかったり、簡単な漢字が読めなかったりする人もいる」と現場を知る関係者は指摘する。
 東電は13年12月以降発注の工事を対象に1日の人件費を1万円増やした。だが、上乗せ分が末端作業員まで届く保証はない。
 下請けに入っている男性は、引き上げの効果を疑問視する。多重下請けという構造的な問題が手付かずのためだ。東電の対策について、東京五輪に絡めて言い表した。
 「お・も・て・だ・け」"

第12部・廃炉の現場(中)困難な要員確保/「中抜き」横行、低賃金 | 河北新報オンラインニュース

"

あまちゃん号”復旧祝福 出演者同乗、三鉄特別列車快走

ファンの要望に応え、ドラマ終盤で周囲を勇気づけたせりふを叫ぶ杉本さん。右隣は荒川さん=6日、三陸鉄道島越駅

 東日本大震災で被災した第三セクター三陸鉄道(岩手県宮古市)の北リアス線で6日、全線開通を祝い、三鉄をモデルにした「北三陸鉄道」が登場するNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の出演者らが特別列車に同乗した。
 「北三陸鉄道」の駅長・大向大吉役を務めた俳優杉本哲太さんと副駅長・吉田正義役の荒川良々さんが、1日限りの「北三陸満喫号☆」に乗り込んだ。
 三鉄や地元有志らでつくる実行団体が開通日を盛り上げようと、公式の記念列車とは別に企画。1081人の応募から抽選された乗客48人は久慈から宮古までの約2時間半、ドラマの舞台となった各駅を通りながら、全線再開した鉄路の旅を楽しんだ。
 二人は乗客と握手や記念撮影をするなどした。ドラマでも甚大な被害が描かれた島越駅(岩手県田野畑村)では、杉本さんが「思い出深い場所で、こうしてここに立つことが信じられない。本当におめでとうございます」と復旧をたたえた。
 東京の会社員田中ちえこさん(36)は、かすりはんてん姿で参加。「ドラマの世界を味わえた。不通のまま放送終了した区間が開通し、『ここまで来られたんだ』と実感した」としみじみ話した。
 「あまちゃん」の北三陸鉄道は全国的に話題を呼び、三鉄の観光客増加につながった。杉本さんは震災の場面で運転士を演じた。

"

“あまちゃん号”復旧祝福 出演者同乗、三鉄特別列車快走 | 河北新報オンラインニュース

"

富士山4合目 スバルライン雪崩 休憩施設、展望台も被害

Photo_2 富士山の中腹で大規模な雪崩が発生し、富士山有料道路(富士スバルライン)が分断され、4合目の大沢駐車場にある休憩施設や展望台が、押し寄せた雪に壊されていたことが17日、確認された。

 富士スバルライン管理事務所によると、パトロール中の職員が14日午前、雪崩が起きているのに気付いた。17日に周辺を除雪し、大沢駐車場の休憩施設に雪が流れこむなどの被害を確認した。  同事務所によると、13日には4合目付近で累積147ミリの雨が降っており、同事務所は雨によって雪崩が誘発された可能性があるとみている。

 スバルラインは例年4月中旬ごろ、5合目までの全線が利用可能になるが、今春の開通の見通しは立っていないという。

 (写真)富士山西斜面で発生した雪崩。富士山有料道路(富士スバルライン)4合目付近の道路面と大沢駐車場の一部を大量の雪が覆う=山日YBSヘリ「ニュースカイ」(NEWSKY)から

"

南アルプス市ふるさとメール: 富士山4合目 スバルライン雪崩 休憩施設、展望台も被害

000i000:

asahi.com:賞味期限のQ&A 保存状態で安全性に差・判断は自己責任で - この記事を手がかりに - NIE - 教育